バストアップする方法が大きく3つに分かれています

継続できるバストアップ方法

一口にバストアップ方法と言っても、巷にはたくさんのバストアップ方法が存在します。
しかしこれらのバストアップ方法も、大別すると、運動したり、マッサージしたりなどエクササイズ系の物とバストアップに影響があると言われる食事やサプリなどの内部変化によりバストアップを図るものとクリームやブラジャー等の道具を利用する方法の3つになります。
ただしどの方法も数日継続しなければ意味のないものなので、自分の生活の中で無理なく続ける出来る方法を探すことが重要になります。
マッサージ系のやり方で簡単なものは、二の腕の脂肪をバストとして利用しようというものがあります。
やり方は簡単で、まず二の腕の脂肪を1分ほど揉み解します。
こうすることで二の腕の脂肪がバストに移動しやすくなるのです。
脂肪を細かくに分けていくイメージでマッサージするのが効果的なようです。
次にこの柔らかくなった二の腕の脂肪を手のひらでバストの上側方面に移動させるようにマッサージします。
この時にリンパマッサージも兼ねるように脇の下を揉むとより効果的でしょう。
これが二の腕の脂肪を移動させるマッサージです。

これ以外にも、胸を大きくするための体操があります。
やり方は右手で反対にある左側の胸を下から支えるようにして、鎖骨の真ん中に向かうようにして斜めに弾ませながら胸を揺らします。
だいたい毎秒2・3回くらいの間隔で2.30回繰り返しましょう。片側が終わったら、反対側も同じようにします。
次に両手で胸を挟み脇から真ん中に集めるような感じで上に持ち上げながら揺らします。
これも毎秒2・3回くらいで2・30回繰り返しましょう。
これが胸を大きくするための体操です。

上記二点のやり方のようにバストアップのために特別な運動をしなくても効果が見込める運動にウォーキングがあります。
ウォーキングは胸を大きくするためだけでなくダイエットとしてもO脚の解消など多くの効果があります。
ウォーキングの正しいやり方で重要なのはきれいな姿勢を保つことです。
しっかり背筋が伸びた姿勢で歩けば腹筋や拝金が鍛えられ、バストサイズアップに影響を与えます。

バストサイズは大胸筋を鍛えることでも大きくすることができます。
ただし大胸筋はふだんあまり使用しないため専用のエクササイズをする必要があります。
大胸筋が発達すると、高齢になった際でもバストが垂れるようなことがなくなり、しっかりと形を保ったお椀型の美しいバストが維持できるのでお勧めです。

また、運動の他にもバストアップクリームを使用することで胸を大きくすることが可能です。
どんな物を選んでよいか難しいと思いますが評判の高いバストアップクリームのランキングが掲載してありましたので、非常に参考になると思います。
ご自身に合う製品を使用して、楽しく取り組んでいきましょう。

© 2015 バストアップの方法はご自身にあった物を選びましょう